美容院は寛げない

寛ぐために行っているわけではないですが、程よい距離感で接してくれたらいいのにってよく思います。

無駄にコミュニケーションを取る必要性を感じられないのに、あれこれと話をされると正直二度と行きたくなくなります。

たまに程よい感じだなと思う美容院と巡り合っても、慣れてくると技術が疎かになったり、商品を売ろうとするのでガッカリです。

どちらの不快感があっても、技術的に優れていたりイメージを理解してくれるスタイルを提案してくれたりする美容院だと、言われなくても何か買って帰ろうかなとこちらから尋ねるのに逆ですよね。

技術ありきで臨んで欲しいです。

年々、新たな美容院を探して行くのも疲れてきて、技術は普通なので我慢しつつ数年間同じ美容院でお世話になっていましたが、慣れ過ぎたのか、ある日、どうみてもクルクルすぎるでしょ?!ってほどにアイロンで巻かれてしまい「これで帰れって言うの?」とちょっとムカッと言ってしまいました。

「僕も巻きすぎたなと思ったんですけど・・・やっぱり?」、何なんでしょうね、本当に技術者なんでしょうか。

そんな感じのことがその後もあったので、面倒ながらも新たな美容院に変えてみました。

いくつか不満はありますが、技術的には不満もなく寧ろ満足出来、何年も無駄にしてしまったと感じています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加